FC2ブログ
東京大学で量子統計力学を学んだ長南瑞生が、モーツァルトやベートーヴェン、ブルックナーなどクラシック音楽を聴いて感じたこととは?果たして何か感じるのか?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツアルト 魔笛 パパゲーノとパパゲーナの二重唱
モーツァルトの死の年に書かれた大作『魔笛』は、
宗教的で、メルヘンチックで、
しかもストーリーはめちゃくちゃですが、
音楽が透き通っていてすばらしい。

最後のほう、
まるでモーツァルト自身であるかのような
純朴な鳥さし(狩人?)のパパゲーノは、
忍耐力がなく、恋人のパパゲーナをうるための試練に
失敗してしまいます。

人生に悲観したパパゲーノは、
世の中とお別れし、
首を吊って死のうと思います。

それでも最後、
誰か一人でもとめてくれる人がいれば思いとどまろうと
辺りを見回しますが、誰もとめてくれません。

最後の最後に3つ数えて、
誰も止めてくれなければ死のうと思い、
ひと〜つ、
ふた〜つ、
みーっつ、
ゆっくり数えてねばったのですが、
あたりはしーんと静まりかえったままです。

「どうせボクなんて誰も相手にしてくれないんだ」
すっかりすねて、
自己評価が下がってしまったパパゲーノは、
いよいよ一人さびしく首を吊ろうとしたとき、
三人の童子が、
「わー、何をするんだパパゲーノ!
 一度きりの人生、ばかなことをするな!!」
と止めに入ります。

「そんなにパパゲーナに会いたければ、
 自分が持っている魔法の鈴をならせばいいじゃないか」
と言うと、
「そうだ、忘れてた☆」
と魔法の鈴をならします。

おもちゃの兵隊のような
メルヘンチックでかわいい音色が響き渡ると、
なんと、向こうからパパゲーナが現れます。

びっくりしたパパゲーノは、
喜びのあまり、言葉がつまります。
「パ・パ・パ・パ・パ・パ・パ、パパゲーナ!」

その時の
パパゲーノとパパゲーナの二重唱(パパパの二重唱)
がまことにもって感動的。

演奏は、ベームの指揮が昔から名盤として名高く、
パパゲーノのフィッシャー・ディースカウが
ものすごくうまい。

ストーリーが単純かつ荒唐無稽でも、
こんなに感動的なのかと思います。

魔笛、それ以外にも、
すばらしいインスピレーションに満ちて、
すばらしいところばかりです。
スポンサーサイト

長南瑞生 モーツァルト「フィガロの結婚」の思い出

長南瑞生 モーツァルト「フィガロの結婚」の思い出


小さい頃、毎日のように、朝、ラジオでかかっていたのが、

モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に出てくる

「恋とはどんなものかしら」

でした。


歌は入っていませんでした。


明るくコミカルに始まった曲が、

だんだん胸がしめつけられるような

メロディーになっていきます。


やがてモーツァルトらしい、

澄みきった秋の朝のような

明るくて寂しい部分も出てきて、

とにかくすばらしい!


モーツァルト天才!


小さい頃、朝かかっていたからか、

聴く度に朝を思い出す、

思い出の曲でした。

Copyright © 長南瑞生のクラシックを聴こう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。